住宅設計で大切なのは生活シーンのイメージ

住宅設計図を見ただけでは、間取りや居住性のイメージができないという人は少なくありません。そこで住宅設計を効率的に進めるために、モデルハウスの見学をしてみましょう。実際の部屋と設備を見ることにより、生活している場面をイメージできます。施工会社が考える住みやすい住宅と、施主が考える住みやすい住宅にはギャップがあります。施工会社が良かれと思って導入した設備であっても、施主からすれば使い勝手が悪かったという話は少なくありません。モデルハウスの見学が難しい場合は、自身で住宅設計図を書いてみましょう。簡易的な設計図であれば専門家でなくても作成できるので、家族全員で具体案を出しながら作成してみてください。

住宅設計図を作成するメリット

自身で住宅設計図を作成すれば、住宅に求める条件、不要な設備などが明確になってきます。例えば玄関が狭すぎて、家具を外から室内に移動できないようでは困ります。家事動線が悪ければ家事の効率が低下し、時間のロスが発生するでしょう。ドアの付近が狭かったり、家具と干渉したりすれば、ドアを全開にできない可能性があります。住宅設計図を作成してみると、途中でさまざまな気づきを得られます。住みやすい空間を追求しつつ、コストカットも可能になるわけです。例えば、キッチンに吊り戸棚を設置したけど、手が届かないのでほとんど使っていないといった話は少なくありません。せっかく導入しても使わなければ、ムダな出費になってしまうのです。家造りで後悔しないためにも、住宅設計図を自身で作成してみましょう。

家を建てる際の平均金額は3000~4000万円で、2000万の家は比較的安いです。安いからといって脆いわけではなく、断熱や耐震性もしっかりと備わっています。

家族で住むならテラスハウス!?すぐにでもマイホーム気分を味わいたい人へ Previous post 家族で住むならテラスハウス!?すぐにでもマイホーム気分を味わいたい人へ
後悔する前に!賃貸物件の立地場所の注意点をご紹介 Next post 後悔する前に!賃貸物件の立地場所の注意点をご紹介
Close