狭いキッチンは失敗したと感じることが多い!

選んで後悔するような賃貸物件の一つに、キッチンが狭い物件があります。おしゃれな部屋の見た目の雰囲気や広さを優先してしまったばっかりに、キッチンなどの設備をあまり意識せずに部屋を借りてしまうと、こういった失敗をすることも少なくありません。キッチンが狭いと、不便に感じることが多くなります。たとえば、「まな板を置くスペースがなくて調理がしづらい」「簡易的な電気コンロしかなく、電力が弱くてお湯を沸かすのにも時間がかかる」など。料理をするときに、毎回ストレスになることもあります。間取りや広さを優先して物件を選びたくても、キッチンにはIHコンロやガスコンロが最低でも1口はある物件を選んだり、狭くても調理スペースがある物件を選ぶと失敗は防げるかも知れません。

周辺環境が住みにくいと失敗することも!

賃貸物件が自分の希望条件にぴったりマッチした部屋を見つけても、あとになって周辺環境が良くないことに気づくことも多くあるので注意が必要です。「近くに工場があって騒音やニオイに耐えられない」「スーパーやコンビニが遠くて不便」など。このような失敗を回避するためには、室内や建物だけで物件を選んでしまわないように、周辺環境をチェックすることが大事です。生活に影響がでるような騒音の元となる施設はないか、暮らしに役立つ買い物施設や病院などは近くにあるかといった、住みやすい街かということを、物件の内見に行ったときのついでに歩いてチェックしておくことをおすすめします。

江別の賃貸物件を借りれば、自然豊かでのどかな環境で生活できます。スーパーなど日常生活に必要なお店もそろっています。

土地探しの具体的な方法とは?注意点も含めて解説します! Previous post 土地探しの具体的な方法とは?注意点も含めて解説します!
起業を考えている人必見!失敗しない賃貸オフィスの探し方 Next post 起業を考えている人必見!失敗しない賃貸オフィスの探し方
Close